読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びび子の日記…

人生半ばで獣医師になった人間が、仕事のこと、将来のこと、愛猫のこと、日常のことなどを綴ってみました。

猫の緊張マックスのサイン

行動治療

猫が緊張している時のサインを理解しておくと、何かと便利(#^.^#)

まず、耳を後ろに向ける、そして瞳孔が開く…である。

そう、まさにこのビビリンの写真そのまま。めちゃくちゃわかりやすいお手本のような写真でしょ(笑)これって、おそらく病院でお尻に体温計を突っ込まれている図…。緊張マックスのサインである。

f:id:bibilyn:20160218173922j:plain

これが、「もう耐えられない!」というところまでいくと、シャーシャー言ったり、逃げていったりするのだが、逃げ道がないということがわかると、攻撃行動を示すことがある。なので、このサインを理解しておくと、これ以上はやめておこうとか、これ以上は近づかないようにしようと、こちらの方も対応に気をつけることができるのである。

ビビリンは日中明るいところにいても、緊張している時は瞳孔が開いて、クリクリの眼になる。このくらいは、いつものことだなあと思うようになったのだが、撫でている途中で、耳が後ろを向き始めると、猫パンチがいきなり飛んでくることがあるので、私は撫でるのをやめ、彼女の方から逃げられるようにしているのである(^^)/~~~