読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びび子の日記…

人生半ばで獣医師になった人間が、仕事のこと、将来のこと、愛猫のこと、日常のことなどを綴ってみました。

猫の散歩

猫が散歩なんてするのかいな?とお思いの方も多いでしょう…

実は散歩するんですよ。うちのボンズさんは…。

犬のブリスが生きていた2年前はよく一緒に散歩してました。ブリスの足腰も弱くなってきたので、遠出はできませんでしたが、ブリスのことが大好きだったボンズは、「待って待って~」という感じで、ブリスの後を一生懸命追いかけて散歩してました。

ブリスが亡くなってからは、めっきり行かなくなり、たまにハーネスをつけて庭に出す程度だったのですが、ふと散歩を再開してみようかなと思ったわけです。

理由は、ボンズが元気すぎて、夜中2~3時間おきに起こされることから、刺激が足りないのかなと思ったからです。少し前までは私自身に余裕がなくて、散歩のことをすっかり忘れていたのですが、最近少し時間に余裕が出てきたこともあります。

お散歩に行く時間帯は夜です。日中は人通りも多いし、猫を散歩してるっていうだけで目立ってしまうので、夜の方が落ち着いて散歩できます。

その時間帯になると、ボンズはじーっとじーっと私を見つめてきます。そして鳴きます。

 

f:id:bibilyn:20161205214606j:plain

私を見ながら玄関の方に誘います。

f:id:bibilyn:20161205214622j:plain

じゃあ行きましょうかね!

まずはちゃんとハーネスをつけますよー。

ハーネスを取り出すだけで大騒ぎです。

行く気満々です(^◇^;)

f:id:bibilyn:20161205222122j:plain

 

実は散歩の様子の写真も撮りたかったのですが、カメラの性能と私の技術が足りず、まともなのはこの一枚だけです…(・ω・)ノ

 

f:id:bibilyn:20161205222517j:plain

 

1人でボンズ持ちながら、重いiPadで撮るのは辛い…。

スマホが欲しいと、こういう時感じます。そう、私はまだガラケー(≧∇≦)

 

無事に帰宅し、今こんなアホづらで寝てます…。

f:id:bibilyn:20161205222834j:plain

 

でも猫の散歩は誰にでもおすすめではありません!

ビビリンなんかはビビリなので無理に連れて行くことは不可能ですし、かえってかわいそうかなと思っているので、お留守番しててもらいます。別に行きたがる素振りも見せないので。そもそも捕まえてハーネスつけること自体がストレスになるでしょう。

それから、雨が降っていたり、私が疲れてたり、体調悪い時は行けません。そんな時は猫に余計ストレス溜まります。なので、いつも以上におもちゃなどで遊んであげるようにしています。

そんな感じで、猫の気持ちを考えて、ストレスを与えないように、お散歩を楽しみたいと思っています( ´ ▽ ` )ノ