読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びび子の日記…

人生半ばで獣医師になった人間が、仕事のこと、将来のこと、愛猫のこと、日常のことなどを綴ってみました。

お腹の張りが治るかも⁉︎

   頑張ってバイトしたり、コラム書いたりして少し稼いだら、特別区民税だか都民税だかの徴収のお知らせが昨日届き、舛添さんにちょっとムカついた私です。

  

   なんて話しはさておき、今回は久しぶりに健康のお話し。

    何気にネットを見ていたら、自分はもしかしたら過敏性腸症候群じゃないかと思い始めました。下痢や便秘のイメージしかなかったのですが、「お腹が張る」というのも、立派な症状だそうです。そう、お恥ずかしい話ですが、私は夕方が近づくと、やたらとお腹が張るのです。もうまっすぐ立つのも痛いくらい、パンパンに…。

    でもですね、大丈夫な日もあるので、なんだろな〜と思いつつ過ごしてました。

    きっと腸内細菌のバランスが悪いのかと思って、ヨーグルトやらキムチやらの発酵食品を一生懸命食べたりしてたんですが、張るときは思いっきり張るので、もう諦めかけてたんです。

    そして目に飛び込んできた「過敏性腸症候群」という文字。私、これちゃうか?と思い、続けて読んでみると、出てきた「FODMAP」!

     『FODMAPとは、糖類のうち「単糖、二糖、オリゴ糖、多糖の一部」を指し、低FODMAP食とはこれらを控えた食事のことです。これらの糖類が多く含まれた食品が小腸で十分に吸収されないまま大腸に入ると、大腸内で発酵して、腹痛、下痢、おなかの張りなどを起こす原因になることが最近分かってきました。』

     これだ!と思いました。低FODMAP食事療法をすることで、お腹の張りが治るなら…と俄然興味が湧いてしまったのです。

     実は、お知り合いの方が最近小麦食品断ちを始めたらしいのですよ。その方は、低気圧が近づくと偏頭痛に悩まされていたのですが、小麦を一切摂らないようにしたら、まったく偏頭痛が起きなくなったらしいのです。そんな話しを聞いていたので、食事療法に少し興味はあったのです。

    こりゃやるしかないでしょう!

    というわけで、早速やってます(≧∇≦)

    具体的に避ける食品は、リンゴ、スイカ、ドライフルーツ、アスパラガス、ブロッコリー、キャベツ、ニンニク、ネギ類、オクラ、アボカド、ゴボウ、マッシュルー    ム、小麦、パスタ、クッキー、アイスクリーム、ヨーグルト、チーズ、牛乳、ソルビトール、マンニトール、ハチミツ、コーンシロップ、ココア、ダークチョコレート、枝豆、大豆など…。

   た、たくさんありすぎる。しかも、納豆とかの 大豆食品なんて、積極的に取ってたし…( ̄Д ̄)ノ

   これを最低2週間は避けるらしいです。1か月避けないとダメっていう報告もあるみたいです。

     この食事療法をしてみて、お腹の調子が良くなれば、過敏性腸症候群だねってことになるらしいです。そしたら、その後少しずつ避けてた食品を試していって、原因となっていた食材は何だったのかを当てていく?らしいのです。アレルゲンを探すようなものですね。

    一番大変なのは、やっぱり小麦系の食品がNGな事ですかね。パン、パスタ、うどんはダメだし、それ以外にも小麦っていろんな食品に含まれてるから…。

    でもお米、肉、魚、葉物野菜、にんじんはいいらしいので、今朝から鮭焼いたり、ニンジンとピーマンの炒め物したりして、ちゃんとお米も食べてます。あ、キノコもマッシュルーム以外は書いてないからいいのかな。かえって選択肢が少ないから楽かもしれない。

     そしたらですね、今日まったくお腹が苦しくないんですよ。どちらかというと、いつもより食べてるんですが…。そんなに早く効果出る?と半信半疑ですが、これはもしかしたら、もしかするとですよ!ほぼ毎日パンパンに張ってたお腹から解放されるかもしれません(≧∇≦)

    しばらく続けてみようかと思います。最終的に小麦が原因だったらちょっと悲しいんですけどね。でも、まずは体調を整えることを最優先したいと思っております。